So-net無料ブログ作成
検索選択

<トミカ博>「40年の歴史」展示 大阪で開幕(毎日新聞)

 今年で発売40周年になるミニカー、トミカを大々的に展示する「トミカ博 in OSAKA」(毎日放送など主催、毎日新聞など後援、タカラトミー特別協力)が23日、大阪住之江区南港北2のATCホールで始まった。来月5日まで(26〜28日は休み)。

【写真特集】プラチナに漆塗り 限定トミカを写真で

 テーマは「40年分の歴史が、ぜ〜んぶわかる!」。1970年製の初代トミカや、純プラチナを使って当時人気だった「日産フェアレディZ」を再現した210グラムもある「プラチナトミカ」(非売品、参考価格700万円)などを展示している。

 会場では、来場者の選んだパーツからミニカーが出来上がる「トミカ組立工場」や、魚釣りのようにミニカーをつり上げる「トミカつり」などのアトラクションが人気を集めていた。午前10時〜午後4時半。中学生以上900円、小学生以下700円、2歳以下は無料。事務局(06・6325・5777)。【川畑展之】

【関連ニュース
【写真特集】トヨタ2000GT:幻の名車、銀座を疾走 ミニカー発売会見
【写真特集】歴代フェアレディZを写真で見る
【写真特集】日産:フェアレディZロードスター
【写真特集】東京モーターショー:最高速325キロ! レクサス「LFA」世界初公開

もんじゅ運転再開可否を近く判断(産経新聞)
顧客情報でインサイダー容疑、元銀行員逮捕へ(読売新聞)
もう手放せない! 男性にも広がるストール人気(産経新聞)
中国政府の正当化、防衛相が再抗議 護衛艦へのヘリ近接飛行「極めて危険」(産経新聞)
「概算要求で個別提言できれば望ましい」―民主・介護議連会長(医療介護CBニュース)

盗撮の元富山県警警部補に罰金50万円(読売新聞)

 金沢市内で女子高校生につきまとったとして、富山県警の警察官が石川県警に逮捕された事件で、金沢区検は21日、逮捕、書類送検された元富山県警公安課の警部補坂越正明容疑者(43)を石川、富山両県の迷惑防止条例違反(卑わいな行為)で金沢簡裁に略式起訴した。

 同日、罰金50万円の略式命令が出され、坂越容疑者は即日納付した。

 起訴状によると、坂越容疑者は昨年8月27日、富山市内の家具量販店で、今年3月4日には金沢市内の歩道で、それぞれ当時17、18歳の女子高校生のスカート内を手提げかばんに潜ませたビデオカメラで盗撮したとされる。

 石川県警は3月4日、坂越容疑者を軽犯罪法違反(つきまとい)の疑いで現行犯逮捕したが、押収したビデオから、富山、金沢両市内で盗撮した映像が見つかったため、送検の容疑を切り替えた。

 富山県警は今月8日、停職3か月の懲戒処分とし、坂越容疑者は同日付で依願退職していた。

普天間移設 辺野古浅瀬案、提案へ 政府、米側に苦肉の策(産経新聞)
ライター事故 1人死亡…04〜08年度、独法に通知(毎日新聞)
不明少年が守った兄のランドセル 8カ月ぶり、15キロ下流で発見(産経新聞)
決起せよ、団塊政治家(産経新聞)
殺人の時効廃止、刑訴法改正案が参院委で可決(読売新聞)

火山噴火 成田まだ混乱…炊き出しで市が支援(毎日新聞)

 アイスランドの火山噴火で欧州便の欠航が続いている成田国際空港では19日、イタリアへ向かう一部路線で運航が再開されたが、なお混乱が続いた。

 航空各社によると、同日の欠航は計50便。オーストリア航空の成田発ウィーン行きの便は同日午前に運航再開を決め、搭乗手続きを始めたものの現地の状況から運航は難しいと判断。出発予定時刻の約30分前に欠航となった。一方、日本航空は乗客を乗せていないモスクワ行き回送便1便(245人乗り)を運航。モスクワ便は15日を最後に運航が止まっており、現地に延べ2便分の乗客が滞留。現地の発着が可能になったため、救援便として送った。

 空港のある千葉県成田市は19日、滞留中の外国人旅行客のために成田山新勝寺の無料見学ツアーを開催。バス2台をチャーターし、参道の旅館で炊き出しのおにぎりを振る舞った。21人が参加し、16日から空港で過ごしている英国の会社員、イアン・ディクソンさん(26)は「着替えも底を突き、空港のトイレで服を洗ってしのいでいる。成田の人々がもてなしをしてくれるのはうれしいが、本当は航空会社が責任をもってケアすべきだ」と話した。

 一方、大露天風呂で外国人観光客に人気がある群馬県みなかみ町の旅館「宝川温泉汪泉閣」では、海外観光客のキャンセル・日程変更が19日までに約10件あった。フランスとルーマニアで浄瑠璃を取り入れた「ハムレット」を公演予定の新潟市芸術文化振興財団主宰のグループ(22人)は新潟空港で足止めされており、21日のパリ公演を中止した。【山田泰正、斎川瞳、新井敦、黒田阿紗子】

【関連ニュース
航空トラブル:エアカナダ機が2度も緊急着陸 成田空港に
成田貨物機炎上:機首下げる操作 運輸安全委が報告書
火山噴火:ロンドン便などANA欠航へ
茨城空港:スカイマーク節減案、国交省の許可下りず
徳島空港:滑走路延長し改装オープン 阿波踊りで前途祝す

日本でカジノ合法化なら…3地域が有力候補に浮上(産経新聞)
薬師寺 映画「春との旅」奉納される(毎日新聞)
<証券監視委>粉飾の疑いで課徴金を勧告(毎日新聞)
<殺人・死体遺棄>貸倉庫遺体の身元を確認 長野県警(毎日新聞)
本四連絡道の割高新料金、仙谷氏反発で火種に?(読売新聞)

<火災>ゴルフスイングで火花? ゴルフ場の芝焼ける 宮城(毎日新聞)

 10日午後1時25分ごろ、宮城県大和町小野のゴルフ場「ミヤヒル36ゴルフクラブ」のコース内から出火し、枯れた芝など約900平方メートルを焼いた。けが人はなかった。

 県警大和署によると、当時コースを回っていた男性客が「スイングしたらクラブから火が出て燃え広がった」と話していることから、クラブが何かと接触し、火花が引火した可能性があるとみて調べている。

 県内全域には6日から乾燥注意報が発令されていた。【垂水友里香】

【関連ニュース
火災:2人不明の民家全焼、焼け跡に1遺体…愛知・蒲郡
火災:住宅全焼2人不明 愛知・蒲郡
2児死亡火災:寝室に使い捨てライター 川崎
ダイキン工業:空気清浄機87万台回収 発火8件
ライター:火災対策会議招集へ 火遊び原因相次ぎ

両陛下が真鶴入り(時事通信)
与謝野氏、新党結成で参院選後に言及へ(産経新聞)
首相動静(4月8日)(時事通信)
<パワーウインドー>11カ月女児が指切断…3月に都内で(毎日新聞)
コンデナスト、雑誌『VOGUE NIPPON』『GQ JAPAN』『VOGUE HOMMES JAPAN』iPad版電子雑誌 独自アプリ開発を発表

「無人島の公衆電話」が受賞=パン製造のアンデルセンが童話のメルヘン大賞−広島(時事通信)

 パン製造・販売のアンデルセングループ(広島市)のアンデルセン社がアマチュア童話作家を表彰する「アンデルセンのメルヘン大賞」の授賞式が2日、同社内で開かれた。
 27回目の今年は、一般部門では大阪府吹田市の大学非常勤講師斉藤忠臣さん(67)の「無人島の公衆電話」が、こども部門では東京都杉並区の小学校6年生中村瑠南さん(11)の「猫のおじいちゃん」がそれぞれ大賞を受賞した。
 斉藤さんは「人の優しさをもっと多くの人と共有できればという気持ちで作品を書いた」と喜びを語り、中村さんは、「学校の授業でたまに書くのは苦手。今回は楽しかった」とほほ笑んでいた。
 同賞は、童話創作の「場」と「機会」を提供し、童話愛好者のコミュニケーションの輪を広げることを目的として1983年、設立された。昨年からは子供達の豊かな創造力と夢を育むきっかけをつくりたいと、小学校6年生以下の児童を対象に、こども部門が設けられた。受賞作にはプロのイラストレーターが挿絵を書き、出版される。
 今回は、一般部門に1615点、こども部門に190点、計1805点の応募があった。 

大塚愛さん『ネコが見つけた赤い風船』 身近な幸せに気づく大切さ(産経新聞)
両親の期待が重荷 京大病院インスリン混入の看護師(産経新聞)
闇サイトを狙い撃ち 警視庁「ネットハンター」発足(産経新聞)
幹事長代理に河野氏 自民 選挙対策、若手を起用(産経新聞)
<鳩山首相>6月訪中へ 上海万博出席、胡主席らと会談(毎日新聞)

鉄工所社長か、コンテナ内で死亡=「殺された」と110番−北九州(時事通信)

 30日午後5時半ごろ、北九州市小倉南区新曽根の鉄工所から「社長が殺されたようだ」と男性の声で110番があった。小倉南署員が駆け付けたところ、敷地内の資材置き場のコンテナ内で男性がうつぶせで倒れ死亡していた。同署は、男性は鉄工所の社長(70)とみて身元確認を進めるとともに、状況などから事件に巻き込まれた可能性もあるとみて調べている。 

大阪市斎場「心付け」 職員20人受領 3人に疑い(産経新聞)
<失職>6月までに7192人「非正規」に 厚労省調査(毎日新聞)
<小美玉市長選>島田氏が無投票再選 茨城(毎日新聞)
<いじめ調査>「学校側に不合理な点なし」名古屋地裁判決(毎日新聞)
大型トラック正面衝突、双方の運転手死亡(読売新聞)

トキ 産卵の可能性…佐渡で営巣のつがい1組 環境省(毎日新聞)

 環境省は29日、新潟県佐渡市で放鳥したトキ30羽(1羽は直後に保護)のうち、佐渡で営巣していた1組のつがいが産卵した可能性が高いと発表した。トキの自然界での産卵は1979年に佐渡で確認されて以来、国内では31年ぶり。有精卵であれば約1カ月でふ化するという。

【写真特集】トキ、放鳥から半年…7羽、たくましく越冬(09年3月)

 同省によると、このつがいは08年に1次放鳥された3歳の雄と、09年の2次放鳥の1歳の雌。28日朝から一日中、雄と雌が交代で巣に残り、座り込んでいる様子が確認されたという。同省の笹渕紘平自然保護官は「卵の有無は目視で確認できていないが、産卵した可能性が高いと考えられる」と話した。

 また、同省は、佐渡で新たに1組のつがいが営巣する様子が28日に確認されたと発表した。雄が雌の背中に乗って、くちばしを合わせるなどの求愛行動「擬交尾」も数回観察されているという。営巣が確認されたのは3組目。【畠山哲郎】

【関連ニュース
【写真特集】毎日動物園・鳥類別館
トキ9羽死:夜襲に慌てて金網衝突? テンは一流ハンター
トキ:石川の動物園で産卵 佐渡から分散飼育
トキ:2組が巣を作る 08年の放鳥以来初 繁殖に期待

共産党の機関紙配布、元社保庁職員に逆転無罪(読売新聞)
批判に小沢氏イラッ 閣僚へ矛先 「国務に専念していればいい」(産経新聞)
【科学】山崎さん、宇宙で「南極食」 凍結乾燥の卵焼き、牛肉しょうが焼き(産経新聞)
首相「私という政治家がいなければ勝場君も…」(産経新聞)
国宝馬具、18年ぶり里帰り=奈良県斑鳩町〔地域〕(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。